プロが伝授!ICOで資金調達するために気をつけるべきポイントとは

ここまでの記事で、アルトコインがどういったものか、ビットコインとそもそも何が違うのか、トークンとは何か、について触れてきました。

ここまでで基本的な知識は概ねつけられた事かと思います。

今回は、もう少し踏み込んで実践的な内容にもフォーカスを当てていきます。

ICOで資金調達するために気をつけるべきポイント

ここで注意すべき事はいくつもあるので、ぜひ覚えてください。

たくさんありますが、どれも重要なポイントなので後で後悔しないようにメモなどしておきましょう。

購入して欲しい方にプロジェクトの主旨を伝える

やはり、自分の発行した仮想通貨やトークンを、何に使うのか?等をちゃんと細かく知ってもらえないと資金も得る事ができません。

あなたがどんないい人柄だったとしても、やはりビジネスである以上はそこにはプランだたり目的、またはビジョンなんかも必要になっってきます。

ホワイトペーパーに命をかける

ホワイトペーパーはみんなの目に触れるものなのであり、また資金調達を受けられるかどうかの良し悪しにも密接に関わってきますので、ぜひ時間をかけてでも命をかけて仕上げましょう。

この時重要なのは、やはりどういったプロジェクトなのかどうかをちゃんと伝える事です。

ハッキング被害には細心の注意を

いくら資金調達がうまくいきそうで、仲間を見つけられそうだったとしても、ハッキングを受けて資金を全額持ってかれてしまっては元も子もありません。

そうなってしまっては後の祭りです。

基本的に人間のサガというのは被害に遭わないうちは人ごとだと思っているのですが、被害にあった後で後悔する事が多いです。

それを避けるためには、やはり普段から心がけておく事が重要ですね。

他のICOのトレンドもモニターしておく事

やはりICOは、その時その時のトレンドが存在します。

自分がこれだ!と思っていても、それが既に時代遅れのものを扱っていては誰もついてきてくれません。

そのため、常に日頃から周りの状況やニュースをチェックし、その時で一番ホットなものを扱う必要が出てきます。

仮想通貨の基本的な知識を理解

当たり前の話かもしれませんが、仮想通貨の基本的な流れや仕組み、技術的なところまでちゃんと把握しておきましょう。

これは他の内容にも関連する話ですが、結局扱うそのものをちゃんと把握しておかないと、時代のトレンドも読み違える可能性もあるし、ハッキングやセキュリティ対策も打ちようがありません。

これは企業家であってもやはり同じ事が言えます。

自分は社長だから、細かいところは見る必要はない、などと考えているっとその慢心は必ず後で自分に返ってきます。

普段から奢らず、謙虚な姿勢で技術と向き合いましょう。

場合によっては、末端の社員にも頭を下げて教えてもらう事が必要になってくるかもしれません。

必ずこれは忘れないように注意しておきましょう。

とにかく大事な事

ここまでいろんなことを挙げてきましたが、どれも大事なので必ずメモして忘れないようにしましょう。

そして特に大事なのは、やはり資金調達を成功せる事に尽きます。

これを達成できない限り、その活動は単なるボランティアとなってしまいます。

それが自分一人の影響なら何とかなるかもしれませんが、大切な仲間や家族なんかにも当然影響はおよぶでしょう。

被害を最小限に抑えるためにも、やはり資金調達は全力で成功させ、必ず資金をゲットしてください。

未来のあなたのお客さんやユーザにとっても、それがなしえなかった場合は未来の人々にまである意味被害がおよぶ事にもなります。

あなたが今やっている事は、将来の自分たち、地球のためになるんだ!という気概を持って挑みましょう。