忘れてはならないフィンテックの1つの形【仮想通貨を解説】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今までクラウドファンディングやスクエアなど、キラキラした感じの最近始まったばかりのサービスについて紹介してきました。

でも、ちょっと待ってください!

フィンテックのポテンシャルはこんなもんじゃないですよ。

皆さん、何か忘れていませんか?

そう、仮想通貨です。

仮想通貨も歴としたフィンテックの1つです。

仮想通貨とは何者か

仮想通貨はICOで新規仮想通貨公開となります。

これは、株が上場するような出来事で、株と同じく、本来は何ら価値のない株券に対して莫大な金額がつくわけです。

これと同じく、ICOでも本来は価値があるのかよくわからない仮想の通貨に対して、お金がついて資金の売買が行われるわkです。

このICOは日本だけでなく国外でも盛んに行われており、ビットコインやイーサリアム、リップル、ネムのような仮想通貨はもはやかなり有名ですよね。

一時期、2017年頃はかなり仮想通貨ブームがおき、まさかの1年で100倍に資金が膨れ上がったり、億り人の登場なんかも話題になりましたよね。

しかし2018年以降は少し勢いを失ってしまったようにも見えます。

まぁ実情はおいといて、とにかく仮想通貨はフィンテックの1つであり、とても技術的にも興味深いものなんです。

仮想通貨は危険なものではない

一般に仮想通貨と聞くと、形がないものを扱うため危険だったり、昔起きたネムの流出事件なんかが話題になったため、一般的にはあまりよく思われてないというのが正直なところでしょう。

しかし、これらは大きな誤解なのです。

その中心には、ブロックチェーンと呼ばれる基板技術があります。

この技術は本当に興味深くて、専門書も何十冊も出ています。

簡単にいうのは難しいですが、それでも頑張って伝えると暗号化した数値をみんなが分散で管理しており、それをみんなでモニターしているというシステムです。

そしてその情報のやりとりは全て暗号で行っており、その暗号はハッシュ関数と行って、作るのは簡単だけど解くのはめちゃくちゃ難しいという特性を持った暗号で作られています。

これを解いた人には報酬が与えられ、その報酬としてビットコインがもらえ、そして解かれたブロックは1つのブロックとして世の中に残るわけです。

そして、次の瞬間にはまた別のブロックがスタートします。

ブロックチェーン技術は世界を変える

このブロックチェーン技術は本当に奥深い技術の話になるので詳細は控えますが、というより正直なところ難解すぎてとても一般人の私には解説仕切れないのですが、これだけは間違いなく言えます。

それは、ブロックチェーン技術は世界を変えるという事です。

皆様も、これからのブロックチェーンを見守ってみてください。

規制強化が進む仮想通貨

仮想通貨は便利な反面、各国で規制強化の対象になってきました。

やはり、生まれたばかりなのでどこの国にも対応する法律が存在しない事や、あくまで仮想としてデータを扱うだけの行為なので、それをお金と扱っていいのかどうかというような議論の対象ともなっており、少しずつしか進んでいません。

特に中国ではその規制強化が顕著ですが、しかし最近では少しだけ規制を緩和したりと少しだけ普及に一歩だけ近づけるような動きも見えてきました。

いずれにせよ、各国が牽制しあって世の中が進んでいる事は間違いないと思います。

1つだけ注意をしておかないといけないのは、仮想通過が普及した先に、何が待っているのか?という点です。

これらはリーマンショックが起きた時以上のインパクトがある可能性があり、しかも専門家の誰も予想できないわけです。

という事で、我々一般ユーザとしてできる事としては、少しでも世の中のニュースやトレンドにふれ、先を予測するしかないのです。

十分に注意しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。